トップ > 観光情報 > 年間イベント > 清原神事

清原神事(せいばるしんじ)

 清原神事1

豊前市では4月~5月に神幸祭と呼ばれる春祭が地域で行われます。

その特徴は神幸行列と呼ばれる祭礼の形です。

神輿とそれに従う傘鉾という和傘に太鼓を組み合わせたものが中心となり、神社からお旅所と呼ばれる場所まで行列を組んで神様が巡行します。

そのうち、嘯吹八幡神社の神幸祭がこの「清原神事」で、3基の神輿と傘鉾が2日間かけて地域を巡行します。

またお旅所である清原神事場で奉納される湯立神楽は古式に遡った古の風情が必見です。

 

清原神事(豊前市観光協会HP)


場所:嘯吹八幡神社~清原神事場(福岡県豊前市大字山内)

期間:4月第2土曜日~日曜日

内容

第1日目(土曜日)

まず朝早く八尋ヶ浜で次官が塩汲みをします。午前中9時から山内が住城の大山祇神社に巡行し(3年に一度)午後2時頃には神社に戻ります。午後3時から3基の神輿と傘鉾を中心とした神幸行列が御旅所である清原神事場を目指します。行列の構成は次官(塩筒)、高幣(たかべい)、鉾面(鬼面の赤、青)、幣台(お上りは子ども会)を先頭に傘鉾・神輿、傘鉾・神輿、傘鉾・神輿、の順に続き氏子はそれぞれ山内、大木・為国・中組、四ツ口・合原の組み合わせで傘鉾と神輿を担ぎます。神輿の順番は山内だけが決まっていてお上りは2番目、お下りは1番目とされ、他はその年で違うようです。以前はこの後に神馬役・神官車・神官車が続いていました。また、高幣と鉾面は毎年地区の役員が交代で務めています。こうして約200人の氏子がそれぞれの神輿と傘鉾を受け持つことになります。途中須佐神社でお神輿を鎮め、午後八時頃には清原神事場に到着し、入り口の二塚神社(猿田彦命、天鈿女命)で祭典を行った後、神事場に入ります。最後に神輿を浮殿に収納した後にお着きの神楽が舞われ、初日の行事が終了します。

以前は宇佐神宮から刀を携えた54人の警護役が派遣されてきたといいますが、今は次官が御旅所に泊まって守護しています。 

第2日目(日曜日)

午後1時から山内神楽講によりお立ちの湯立神楽が奉納され、同じルートでお下りが行なわれます。午後8時頃には嘯吹八幡神社に戻り、神殿に神輿を納め全ての行事が終了します。拝殿では遅くまで神楽が奉納され、祭神の帰還を祝います。

巡行の途中では決められた場所でそれぞれの神輿が高く天に掲げられ、また、氏子によって激しく回転させて雄姿を競います。

清原神事2 清原神事7 清原神事3
清原神事5 清原神事4 清原神事6
 清原神事8  清原神事9  清原神事10