トップ > 戸籍・住民票 > マイナンバー制度とは > マイナンバーカードの電子証明書の有効期限の更新

マイナンバーカードの電子証明書の有効期限の更新

マイナンバーカードに搭載されている電子証明書の更新手続きについてのご案内です。対象者には通知書が送付されます。

更新対象者

マイナンバーカードに記載されている電子証明書の有効期限まで3か月未満の方

 

mihonn3

 

 

更新対象者には地方公共団体情報システム機構より有効期限切通知書等が送付されます。
 有効期限通知書の説明 (PDF:1,265KB)新しいウィンドウで開きます
 ※通知が送付されるのは日本人住民及び在留期間の定めがない外国人住民(永住者、特別永住者等)

 

更新場所

豊前市役所 市民課 総合窓口係

受付日時

月曜日~木曜日 (祝日・年末年始を除く) 午前8時30分~午後5時

    金曜日 (祝日・年末年始を除く) 午前8時30分~午後7時

必要なもの

本人の場合

1.有効期限通知書  ※紛失の場合も受付可能です。
2.マイナンバーカード
 ※交付の際に設定した暗証番号を入力してもらいます。暗証番号をお忘れの場合は再設定が可能です。

法定代理人(本人が成年被後見人)の場合

1.有効期限通知書 (備考)紛失の場合も受付可能です。
2.マイナンバーカード(本人分)
   ※交付の際に設定した暗証番号を入力してもらいます。暗証番号をお忘れの場合は再設定が可能です。
3.官公署が発行した顔写真付きの本人確認書類(法定代理人分)
   例:マイナンバーカード・運転免許証・旅券・在留カード・障がい者手帳等
4.代理権を確認できるもの
 登記事項証明書又は家庭裁判所からの決定通知書

代理人の場合

1.有効期限通知書   ※紛失の場合も受付可能です。
2.マイナンバーカード(本人分)
3.官公署が発行した顔写真付きの本人確認書類(代理人分)
   例:マイナンバーカード・運転免許証・旅券・在留カード・障がい者手帳等
4.照会書兼回答書
   ※照会書兼回答書は更新対象者本人が必ず記入し、同封されている封筒に入れて封をした上でお持ちください。封入されていない回答書は受付できません。
 ※照会書兼回答書に記入された暗証番号が間違っていた場合は、即日で電子証明書の更新はできません。

更新方法

1.上記の持ち物を持って窓口に来庁。
2.申請書を記入後、市役所職員により必要なものと申請書の内容確認。
3.暗証番号の入力をし、電子証明書の更新を行う。
   ※代理人での申請の場合は職員が暗証番号の入力を行います。

手数料

無料

その他

電子証明書とは?

マイナンバーカードには署名用電子証明書と利用者証明用電子証明書の2種類が搭載されています。

署名用電子証明書

インターネットを通じたオンライン申請や届出を行う際に、他人により成りすましやデータの改ざんを防ぐために用いる本人確認の手段となります。利用する際はアルファベット大文字と数字を使った6桁から16桁の暗証番号が必要になります。15歳未満の方には搭載されていません。
 利用例:e-Tax(インターネット経由での確定申告)等

利用者証明用電子証明書

インターネット上に提供されるWebページを閲覧する際などに利用者本人であることを証明する手段となります。利用する際は4桁の数字の暗証番号が必要になります。
 利用例:コンビニ交付・マイナポータル・マイキーID設定等で使用

マイナンバーカードの更新の方は以下をご覧ください。
マイナンバーカードの有効期限の更新

 

お問い合わせ

担当部署:市民課総合窓口係

内線:1202・1206・1251