トップ > 市長メッセージ(「福岡コロナ警報」への移行を受けて)(9月14日更新)

市長メッセージ(「福岡コロナ警報」への移行を受けて)

市民、事業者の皆様、医療、介護の最前線でご尽力いただいている医療従事者、介護従事者の皆様には、新型コロナウイルス感染症対策に、ご理解ご協力をいただき、心より感謝申し上げます。

福岡県は、特別警報発動時に比べて、感染状況や病床の使用状況等に改善が見られることから、「福岡コロナ特別警報」を解除し、9月14日から「福岡コロナ警報」に移行しました。

しかしながら、「福岡コロナ警報」移行後も、感染のさらなる拡大、医療のひっ迫を回避するため、引き続き、警戒感をもって感染防止対策を徹底するとともに、可能な範囲で医療体制への負荷をかけないような行動を心掛けるなど、市、市民・事業者の皆様が一体となって感染の拡大防止を図っていく必要があります。

市といたしましても、ワクチン接種(今後、オミクロン株対応のワクチン接種についても検討)の実施をはじめ、今後も全力を挙げて感染症対策に取り組んでまいりますので、皆様には、マスクの着用、手指消毒、換気、身体的距離の確保、三密の回避などの基本的な感染症対策の一層の徹底について、あらためて、ご理解ご協力をお願いいたします。

 

令和4年 9月14日

豊前市長 後藤 元秀

AIチャットボット
閉じる