トップ > 国民健康保険税の変更について

ここから本文です。

平成30年度豊前市国民健康保険税の変更について

国の制度改正に伴い、今年度より国民健康保険税の賦課限度額や軽減措置について下記のとおり変更がありましたので、お知らせします。

 

賦課限度額の引き上げについて

 

国民健康保険税額は医療保険分、後期高齢者支援金分及び介護保険分(40歳以上65歳未満の方が対象)の合計で算出され、それぞれに賦課限度額が設定されています。

(※賦課限度額以上に課税されることはありません)

 

このたびの国の制度改正に伴い、平成30年度より医療保険分の賦課限度額が54万円から58万円に引き上げられます

 

 

医療保険分    

後期高齢者

 支援金分          

介護保険分

所得割                                         

加入者の前年の所得に対して

課税されます

7.3%

3.1%

2.1%

均等割                                           

加入者1人あたりに課税されます

19,000円

8,000円

9,000円

平等割                                           

 1世帯あたりに課税されます

27,000円

6,000円

  な し

年間保険税額=①+②+③となりますが  

賦課限度額が上限になります

賦課限度額      54万円

 →58万円

賦課限度額       19万円

賦課限度額        16万円

※介護保険分は40歳以上65歳未満の被保険者に課税されます。年度の途中で40歳になる方は、40歳になる月から、又、65歳になる方は、65歳になる月の前月まで月割で介護保険分が課税されます。

 

 

所得が少ない世帯への軽減措置について

 

世帯の総所得金額が一定基準以下の世帯については、下表のとおり「均等割」と「平等割」が軽減されます。

(※世帯主の所得は、国民健康保険に加入・未加入にかかわらず所得判定の対象になります)

 

このたびの国の制度改正に伴い、平成30年度より5割と2割の軽減対象になる所得基準額が引き上げられるため、軽減となる世帯の対象が拡充されます。

 

なお、この軽減を受けるには、必ず「国民健康保険に加入している世帯員全員」が前年分の所得を申告している、もしくは扶養等になっていることが必要です。

(※国民健康保険に加入していない世帯主の方も申告が必要です。)

 

 軽減の割合

所 得 基 準 額

7割軽減

世帯の所得が33万円以下(変更なし)                                        

5割軽減

(改正前)                       (改正後)

世帯の所得が                                     →   世帯の所得が

33万円+27万円 × 被保険者数         33万円+27.5万円 × 被保険者数

2割軽減

(改正前)                       (改正後)

世帯の所得が                →    世帯の所得が

33万円+49万円 × 被保険者数         33万円+50万円 × 被保険者数

 

詳細につきましては、税務課市民税係(内線1193)までお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

お問い合わせ

担当部署:税務課市民税係

Email:shiminzei@city.buzen.lg.jp