トップ > 市政 > 豊前市の統計

ここから本文です。

統計調査に関してのお知らせ

2019年全国家計構造調査の実施について

 

本年10月から11月にかけ、総務省は都道府県・市区町村を通じて「全国家計構造調査」を実施します。

調査員が訪問した際には是非ともご協力をお願いいたします。

 

※調査員を装った不審者には十分ご注意ください。また、そのような事案が発生しましたら市役所総合政策課企画管理係までご連絡ください。(電話番号0979-82-1111)

 

 

 

1 調査の目的
「全国家計構造調査」は,家計における消費,所得,資産及び負債の実態を総合的に把握し,世
帯の所得分布及び消費の水準,構造等を全国的及び地域別に明らかにすることを目的とする調査で
す。


2 調査の期間
2019年10月及び11月の2か月間実施します。

 

3 調査の対象
全国から無作為に選定した約90,000世帯が対象です。

 

4 調査方法


調査員が調査対象世帯に調査票を配布することにより行います。調査票の提出は,次のいずれか
の方法を世帯が選択することができます(「都道府県調査」はイのみ)。
 ア インターネット回答
 イ 調査員に提出
 ウ 郵送により提出(「簡易調査」の場合)

5 結果の利用
国や地方公共団体において,国民年金・厚生年金の年金額の検討,介護保険料の算定基準の検討,
生活保護の扶助額基準の検討,税制改正に伴う政策効果の予測,所得格差・資産格差の現状把握,
高齢者の金融資産保有状況の把握など,重要な政策に使われます。

 

 

 

 

 

豊前市の統計

豊前市の人口、経済、社会、教育など各分野にわたる基本的統計資料を、掲載しております。

豊前市統計年艦

資料:福岡県統計年鑑

 豊前市の人口

毎月末現在数値掲載

毎年3月末現在数値掲載

国勢調査

国勢調査は、対象9年(1920年)に開始され、5年ごとに実施されています。

昭和30年~

 

平成17年豊前市国勢調査報告(第1次基本集計結果)

 

平成22年豊前市国勢調査報告(第1次基本集計結果)

 

      平成27年豊前市国勢調査報告 

工業統計

工業統計調査は、明治42年(1909年)に開始され、昭和26年からは現在の調査になり、平成26年度までは毎年12月31日現在で調査が行われていた。

平成27年度は翌年実施予定の経済センサス活動調査と調査内容が重複するため実施されなかった。次回は平成29年6月1日現在で実施する予定となっている。

平成9年~

世界農林業センサス

昭和13年農家一斉調査が実施され、戦争で実施不能になり、1950年世界農林センサスに参加して以来、10年ごとの調査である、又わが国独自で中間年に実施することとなった。

林業センサス

林業センサスは1980年以来10年ごとに、農林業センサスの一環として実施されます

商業統計

商業統計調査は、昭和27年以来昭和51年までは2年ごとに、その後は3年ごとに実施れましたが、平成9年からは、5年ごとの調査で、(本調査の2年後)に簡易調査も実施されます。

平成21年、経済センサスが創設されたことにより、簡易調査が廃止されました。

事業所・企業統計(平成18年で終了し、経済センサスへ引き継ぎました)

昭和22年に開始され、5年毎に実施され、中間年には簡易調査が行われます。

昭和56年~

経済センサス

平成21年に開始され、基礎調査、活動調査が2年ごとに実施されます。

平成21年~

 ● 平成21年経済センサス基礎調査

 ● 平成24年経済センサス活動調査

 ● 平成26年経済センサス基礎調査

 ● 平成28年経済センサス活動調査(速報)

学校基本調査

毎年5月1日現在で実施されます。

平成7年~

都市計画道路の現況

人口動態の推移(年度別)

豊前市年次別人口世帯数の推移

 ● 年次別人口世帯数の推移(~平成30年)(エクセル:15KB)

 

 

 

 

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。