トップ > 戸籍・住民票 > マイナンバー制度とは > マイナンバーカードを企業や地域の団体等で申請できます

マイナンバーカードを企業や地域の団体等で申請できます (企業等一括申請のお知らせ)

企業や地域の団体等に市職員がお伺いし、マイナンバーカードの一括申請受付を行います。
本人確認書類の用意ができた方には、カード発行後、原則住所地に本人限定受取郵便もしくは書留郵便で郵送されますので、市役所に来庁していただく必要がありません。
(本人確認書類が不足している場合は、申請のサポートを行い、後日市役所窓口に確認書類持参のうえ、本人に来庁していただき交付いたします)
この機会にぜひ事業所や団体での一括申請をご検討ください。 

マイナンバーカードは、公的な身分証明書として利用できる顔写真付きのICカードです。身分証明のほか、搭載されている電子証明書を活用して確定申告等の電子申請や、今後健康保険証として利用できるようになる予定です。国が実施する消費活性化策としての「マイナポイント事業」も予定されています。

対象団体等

1. 豊前市内に事業所を置く企業等

2. 豊前市内の地域団体(自治会、老人クラブ等)
※1,2の企業や団体に所属し、かつ豊前市住民の方が対象になります。

 出張申請受付の流れ

1. 希望する企業や地域団体からの申し込み(企業等一括申請申込書.docx)(ワード:14KB)

2. 市民課から日程調整のご連絡

3. 企業、地域団体から申請予定者リストの提出(企業等一括申請予定者名簿.docx)(ワード:15KB)

4. 市民課から必要書類のご案内(事前にご準備ください)

5. 市民課職員が企業、地域団体の指定する場所へ出向き、申請書類の審査と本人確認を行い、受付します。

6. 発行されたカードは、原則住民登録地の住所地へ本人限定受取郵便もしくは書留郵便で送付します。(おおむね1か月から1か月半) 

  • 出張受付は、予定者10名以上が目安となりますが、満たない場合はご相談ください。
  • 新型コロナウイルス感染予防対策のご協力をお願いいたします。
  • 申し込み企業、地域団体に会場、机、いす、電源の用意をしていただく必要があります。
  • 申請受付にはひとりあたり10分程度時間を要します。
  • 新型コロナウイルスの感染拡大等により、実施が延期になる場合があります。

 申請時に用意するもの

  • 個人番号カード交付申請書(お持ちでない場合は事前に送付します)
  • 暗証番号設定依頼書(事前に送付します)
  • 顔写真1枚(縦4.5センチ横3.5センチ、無背景、6か月以内に撮影されたもの)
  • 本人確認書類(下記参照ください)
  • 個人番号通知カード(申請時に回収します)
  • 住民基本台帳カード(申請時に回収します※お持ちの方のみ)

本人確認書類

必ず原本を持参ください※有効期限内のものに限ります

【A書類】顔写真入りの公的な身分証明書 

●住民基本台帳カード●運転免許証●パスポート●マイナンバーカード●運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のものに限る)●身体障害者手帳●療育手帳●精神障害者保健福祉手帳●在留カード●特別永住者証明書

【B書類】公的な機関等が発行したもので、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載されているもの 

●健康保険証●介護保険証●年金手帳(受給されている方は年金証書)●医療受給者証(子ども・障害者・ひとり親)●母子健康手帳●社員証●学生証 など

当日に必要な本人確認書類

  • A書類 2点
  • A書類 1点 + B書類 1点
  • (個人番号通知カードをお持ちの方のみ) A書類 1点
  • (個人番号通知カードをお持ちの方のみ) B書類 2点

※ 本人確認書類の内容(氏名・住所等)に変更がある場合は、必ず事前に最新の情報に書き換えをお願いします。
※ 申請者が15歳未満の方や成年被後見人の方の場合、【戸籍謄本等、法定代理人であることを確認できる書類】と【申請者と法定代理人の本人確認書類※上記】をお持ちの上、申請者本人と法定代理人が一緒に手続する必要があります。

このページの印刷用データはこちら(ワード:21KB)です。

お問い合わせ

担当部署:市民課総合窓口係

内線:1292