トップ > 新型コロナウイルス感染症に伴う新学期の対応について

新型コロナウイルス感染症に伴う新学期の対応について

 ※4月6日(月)から下記のことに配慮しながら授業を行います。

1 学校生活全般の留意点
 ※集団感染を避けるための3つの条件を常に意識して指導にあたります。
  ①換気の悪い密閉空間にしないための換気の徹底
  ②多くの人が手の届く範囲に集まらないための配慮
  ③近距離での会話や大声での発声をできるだけ控える


 ① 登校前の検温を行い、発熱、のどの痛み等の症状がある場合には、登校を控えるようにしてください。
 ② 登校前に検温、風邪の症状の確認ができなかった場合は、保健室等で実施します。
 ③ 可能な限り、マスクの着用をお願いします。
 ④ 手洗い、うがいの励行を指導すること
 ⑤ 十分な睡眠、適度な運動やバランスのとれた食事を心がけて免疫を高めるように指導していきます。
 ④ 1時間に1回程度(5分間)の換気をします。
 ⑤ 朝の健康観察の他、こまめに健康状態を観察して児童生徒の健康管理に努め、発熱等の症状が見られる場合は、早退等の措置を迅速に行います。

2 授業について
 ① 机は黒板に向け、隣との間を1m程度空けます。(可能な範囲で)
 ② 教員は可能な限りマスクをつけて指導にあたります。
 ③ 一度に大人数が集まって人が密集する運動はしません。
 ④ できるだけ、空き教室等を活用し、少人数で授業するよう工夫します。

3 部活動について(始業式以降実施します。)
  上記3つの条件が重ならないよう、実施内容や方法を工夫したり、教師等が生徒の健康状態や実施状況を把握したりしながら実施します。また、手洗い・うがいの励行、換気等に配慮しながら実施します。

4 入学式、修学旅行等の行事について
 ① 感染防止の措置や開催方式の工夫等の措置を講じたり、延期したりする等の対応を行います。
 ② 修学旅行については、教育的意義や児童生徒の心情等を配慮し、当面の措置として取り止める場合においても、中止ではなく延期扱いとして検討していきます。
 ③ 入学式については、卒業式と同じような措置を講じて実施します。
 (30分程度で実施、来賓は不参加など)


お問い合わせ

担当部署:学校教育課教育総務係

Email:kyoiku@city.buzen.lg.jp